俺に女子大生のセフレがいるなんて誰も思っていないだろう

相手の性別年齢職業
女性20歳女子大生
出会った場所利用サイト投稿日
山形 山形市happymail2017.03.28

人は見かけによらぬものと自分でも思う

12月24日。

「お疲れさま・・・世間はクリスマスだけど、家に帰っても一人だから寂しいよな」

退社しようとしたら、まだ仕事中の同僚がそんなことを言う。俺に彼女がいるわけがなく、イブを一人で過ごす男と決めつけているようだ。

彼に限った話ではなく、職場の人の多くが俺のことをクソ真面目の堅物の30歳童貞男とだと決めつけているところがある。間違っても彼女なんかいるわけがないと思っている。

ところが違うのだ。

俺は根っからのスケベ男で、もうかれこれ数年前から出会い系サイトで知り合った女をセフレにしてセックスしまくっているのだ。週に2回は会社帰りに女と待ち合わせてホテルでセックスを楽しむ。

おまけに各々相手が違う。

誰も俺の真実の姿を知らない。それがある意味快感だった。

人は見かけによらないものだということを自分で実感している。


女子大生のマ○コが大好きなスケベ男は毎日がイブだ

ターゲットにしているのは女子大生で、女子大生以外の女と付き合ったことはない。今付き合っている二人の女も女子大生で、二人とも20歳だ。片方はカラオケボックスでバイトしている小波で、仕事に行く前に俺に合う。もう片方は大学に行きながら経理関係の専門学校に通っている久美子で、学校の帰りに俺と待ち合わせる。

その日は久美子に会った。

「会社では俺が一人で寂しくしているって噂だぜ」

「こんなスケベな男が一人で寂しくしてるわけないのにね・・・あははは」

イブなのでお洒落なラブホは満室だから、その夜はあえて場末のホテルをチョイスした。バスルームが汚くて使う気にならず、そのまま服を脱いでギシギシ音をたてるベッドでからんだ。

クリスマスイブといったら世間ではケーキをいただくが、俺にとってのケーキは女子大生のマ○コだ。これ以上の甘くとろけるようなスイーツを俺は知らない。

その意味では、俺にとって毎日がクリスマスイブなのだ。

久美子と別れたらタイミングよく小波から電話が来た。その日のバイトがなくなったらしい。俺はそのまま小波とホテルに行き、その日2個目のクリスマスケーキをいただいた。甘かったが、少し酸っぱかった。久美子のマ○コは甘いだけだが、小波のマ○コはレモン汁のような酸味がある。

翌日は普通に出社し、真面目に仕事に打ち込んだ。


今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















俺に女子大生のセフレがいるなんて誰も思っていないだろう