シャンプーしてくれる美容師さんのおっぱいが当たる妄想と現実

相手の性別年齢職業
女性22歳美容師
出会った場所利用サイト投稿日
山形 米沢市wakuwakumail2017.05.03

当たりそうで当たらないシャンプー中の美容師さんのおっぱい

おっぱいが当たる。

出会い系で22歳になる新米の美容師さんと知り合ったとき、俺は約半年前の美容室での体験を思い出した。

シャンプーしてもらっているときだった。

普通に髪を洗っているときはそうでもないが、お湯加減を調節したり、後頭部の下のほうを洗ったりするときに、胸が顔に少しだけ触れるのだ。

もちろんモロに「おっぱいが当たる」わけでなく、かすかに触れる程度だが、その当たるようで当たらない美容師さんの焦らしに興奮し、シャンプー中に勃起したのだった。

俺の下半身に気が付いたのか、それまで明るく会話していたその美容師さんはシャンプーのあと俺にいっさい話しかけなくなって雰囲気が気まずくなって以来その美容室には行っておらず、その出来事自体忘れかけていたが、その新米の美容師さんが少しエロい顔をしていたのでふと思い出したのだ。

そのエピソードを彼女に話したら、思いのほか彼女は気分を害した。

「そんなに不謹慎です。美容師は真剣に仕事してるんですからね」

「ごめんなさい」

彼女とはほどなく深い関係になったが、そのおっぱいが当たる話は二度と口にしなかった。


「シャンプーの練習させてください」に快諾したら・・・

その彼女がシャンプーの練習をしたいから練習台になってほしいと言った。

お客さん相手に仕事ができるレベルに達しているか近日中にチェックが入るようで、総仕上げの意味で俺を相手に試してみたいというのだった。

店のオーナーからは練習のためなら閉店後や休日に店を使っていいと言われ、お店の合鍵ももらっているようで、実際にお店で俺の頭をシャンプーしてみたいと言う。

快諾した。

君がそれで出世できるのなら何度でも実験台になってあげると優しく言った。

そして店がひけた夜中、俺は彼女の店を訪れた。店内にいるのは二人だけだった。

シャンプーは2回連続してやった。シャンプーしてドライしてブローする工程を二回繰り返した。

「納得した?」

「うん、まあね。でも仕上げでもう一回試したいわ」

「どうぞ」

三回目のシャンプー。

すると彼女が今までとは違う動きをしたのだ。

胸を圧しつけてきたのだ。

俺はおっぱいが当たるか当たらないかの瀬戸際の体験しかしたことがないが、そのときはもろにムニュッとおっぱいを圧しつけてきた。柔らかい乳肉がおでこから頬のあたりに圧しつけられ、乳首のありかまでわかる。

俺の下半身はあのときのようにムクムクと膨れ上がった。

練習台になってくれたお礼のつもりなのだろうか。

単なる遊びだろうか。

俺は我慢できなくなり、シャンプーされながら手を伸ばしておっぱいを揉んだ。

「あとちょっとで終わるから・・・・待って」

そしてシャンプーの後、店の電気を消した。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















シャンプーしてくれる美容師さんのおっぱいが当たる妄想と現実