ごっくんが好きになった彼女のこれからが少し怖い

相手の性別年齢職業
女性26歳OL(貴金属販売)
出会った場所利用サイト投稿日
岩手 盛岡市mintj2017.10.27

ごっくんして欲しいと何度もお願いしたけど断られ続けた

エロい女と出会い系で知り合い、交際している。彼女は出会い系で過去に5人ほどの男と深い関係になったことがあり、いずれも短期。並行して複数の男と交際したこともあるようで、もしかしたらヤリマンに近い女かもしれない。俺はそれでも彼女にぶら下がり、何とか俺だけの占有セフレにしようと必死に奉仕した。

今のところ俺以外にセフレはいないようだが、いつ変な虫がつくかわからない。彼女はエロくて見た目がいいからだ。

あるとき俺は彼女に精液を飲ませる(ごっくんさせる)ことを思いついた。堕胎経験の反省から中出しは決してやらせてくれず、他の男にもさせたことがないらしいが、ごっくんさせたら中出しと同じ効果を生み、俺に対する被支配感が高まり、彼女を独占できるのではと考えたのだ。

しかし断られ続けた。

「そんな臭いもの飲めないわ」

今までたくさんフェラしたことはあるがごっくんはないらしい。そんなこと人間のやることじゃないとまで言い切る。


精液って、人によって味が変わるのかしら・・・と意味深発言

だが俺は諦めなかった。絶対にごっくんさせてやると機会を狙った。

そしてある日のセックスで、俺は彼女に頼み込んで、外に出すという条件で生挿入を許してもらった。だったら我慢汁もなるべく出さないようにさっさと済ませてね、という。そのイニングでの女の絶頂は期待していないようだった。

俺は短い時間で少しでも彼女を感じさせようと子宮の壁を突きまくり、射精にむかって一気に上っていった。やがて彼女は大きな声を出し、口をあけてのけぞった。俺は激しく痙攣しながら直前で抜くと、彼女の口の中に亀頭を突っ込んで射精した。

「おじゅぐうう・・・なによ・・ごほっ! ぐううう・・・」

迸った精液は一気に彼女の喉に到達したものと思われる。ここまできたらごっくんせざるを得ない。彼女は一滴のこらず飲みこんでしまった。

軽蔑されるかと思ったが、思いの外静かだった。ごっくんの良さを知ったのだろうか。男に支配されるという女の歓びを知ったか。

「変な味だけど・・・くせになりそう」

「そうか・・・いつでもやっていいよ」

ところが彼女は妙なことを口にした。

「精液って、人によって味が変わるのかしら」

「そんなことないと思うけど」

「何か好奇心が刺激されるわ」

と遠くを見るような恍惚な目をした。

もしかして他の男の精液を飲んでみたいとでも?

ごっくん効果が逆に出た可能性もある。

まいった。


今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















ごっくんが好きになった彼女のこれからが少し怖い