昼間から過激にセックスする人妻は出会い系に普通にいる

相手の性別年齢職業
女性40歳主婦
出会った場所利用サイト投稿日
宮城 仙台市yyc2017.11.05

夜まで時間をつぶそうとした僕だったが

夜にやれば許されるが、昼間からやるとひんしゅくを買うもの。あるいは軽蔑されるものがある。

飲酒がいい例だ。

酩酊したサラリーマンが夜の歩道をふらついていても違和感はないが、昼間から酒を飲んでくだを巻いている人を見ると異常に見える。

酒は夜になっていただくもの。我々日本人の遺伝子の中にはこの考えが組み込まれている。

ところでセックスも同じじゃないか?

ずっと昔から「夜の生活」や「夜の営み」という言葉が伝統的に受け継がれているように、セックスは夜になってからするものという暗黙の常識が日本人の意識の中にないか?

セックスはどちらかというと人目を避けてこそこそするものであり、黒いベールがかかった夜のほうが営みやすい。逆に昼間からやると、何となく不謹慎な気がする。「昼間からそんなこと・・・いやだわ」といった具合に。

誰もがこれを「常識」として持っている気がする。

俺も最近まではそうだった。数年間交際していた彼女と最近別れたが、彼女とのセックスはかならず夜やった。朝からデートする日があっても、体と体をくっつけるのは日が暮れてからだった。

セックスは夜になってからするもの。俺の遺伝子の中にはこの考えが組み込まれていた。

だがその遺伝子を、出会い系にいた人妻が破壊した。

この前出会い系で知り合った人妻と午後からデートしたが、昼間からラブホに誘われた。

夜になるまで時間をつぶせるデートコースを企画したのだが、無意味だった。


出会い系に咲いている昼顔妻の花

その人妻は、夜になるといつもの自分に戻らなければならず、自分の心と身体を開放するのは昼間しかないのだという。

彼女は昼間からセックスしなければならないのだ。

その日俺は彼女に誘われるがまま、午後2時にラブホに入った。彼女が平日がいいというから会社を休んでデートしたのだが、まさかこんなことになるとは思わなかった。

昼間からラブホで人妻とディープキスし、乳を揉み、性器を舐めて膣に陰茎を挿入し、男の液を放出した。

ラブホから出たら午後4時すぎだったが、もちろん昼間と同様に明るく、世間の人々は金を稼ぐために働いていた。

「それじゃ、また平日に休みが取れそうになったら連絡してね」

彼女は俺の不定期なセフレになっている。

「夜の生活」「夜の営み」という言葉は今でも常識的に生きているが、「昼下がりの情事」「昼顔妻」みたいな言葉も存在するのも事実だ。

人妻の遺伝子の中にはセックスは昼間するもの、という考えが組み込まれているのかもしれない。

出会い系サイトを眺めていると、ところどころで昼顔妻の花が咲いている。

君も出会い系に行ったら、ぜひ昼間からその妖しい花を愛でてもらいたい。


今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















昼間から過激にセックスする人妻は出会い系に普通にいる