「何でもしますから捨てないでください」今どき古風な女

相手の性別年齢職業
女性28歳家事手伝い
出会った場所利用サイト投稿日
秋田 秋田市pcmax2017.08.22

バツイチの彼女は寂しい出戻り家事手伝い

出会い系で独身のアラサー女を見つけてしばらくメール交換していたが、彼女が家事手伝いをしていて、とくに仕事を持っていないので不思議に思っていた。文章もしっかりしているし、写メの顔立ちも悪くないので、社会の役に立ちそうな女に見える。何か事情があるのだろうと思っていたら、バツイチで、実家に身を寄せているのだとか。

「結婚経験のある女はいやですか? 私は過去とは決別したつもりです。できれば今の私を見ていただきたいです」

しっかりした考え方をしているが、やや性格的に弱い一面があるのではないかと思った。なぜだか知らないが、抱きしめてみたくなった。

「もちろん、今の貴女しか見えていませんよ、会いましょうか?」

それから交際が始まった。

最初のうちは休日に会っていたが、平日が寂しいと言うので、だったら夜になって俺のアパートに来ればいいと提案した。俺は帰りが遅くなるかもしれないので、休日に会ったとき、あらかじめ作っておいた合い鍵を渡した。

「夕方には行けると思います」

彼女の目が活きいきしていた。

彼女はまるで女房のように晩ご飯の支度をして待っていた。料理の腕があり、味もいい。俺はたちまち心がとろけた。

身体もとろけた。

夜のご奉仕つきだったのだ。

風呂から出ると布団がのべられてあり、下着姿の彼女が髪をとかしながら待っている。

「まるで吉行淳之介の世界だね」

「尽くします」

結婚経験のある女の身体は熟していて、年下なのに年上の熟女を抱いているような気がしたが、熱くなるうちに彼女の身体がやけに小さく感じられた。か弱い女だと思った。


毎晩アパートにきてもらい、とりあえず奉仕してもらうことに

「貴女さえよかったら、毎晩でも来て欲しい・・・」

「そうさせてもらいますっ」

彼女は夕方からアパートに来て食事を作り、俺と一緒に晩ご飯を食べ、夜のご奉仕をし、深夜になってタクシーで帰宅する。冬に布団一枚では、一緒に朝を迎えられない。

そんな風に、今時めずらしい古風な女との日々が続いた。毎晩美味しいものが食べられるし、満足にセックスもできる。何も文句はないはずだが、何かが足りない。平凡すぎるのか、平坦なのか、刺激が足りないのか。

そんな折、以前行きずりのセックスをした20代前半のOLから連絡が来て、もう一回遊びたいと誘われた。俺は久しぶりにムッチリした女体を食べてみたくなって、誘いに乗った。バツイチの彼女にはその日は帰れないかもしれないからアパートにこなくていいと連絡し、元セフレとラブホでお泊まりセックスをした。

そのとき、バツイチ女にないものを知った。

スケベさだ。

それがあの古風な女にはない。

「また会おうね・・・たまに連絡するから」

と元セフレ。俺は断らなかった。

それからまた古風なバツイチ女との生活が始まったが、俺としてはもうやめたいと思っている。夕食も夜のご奉仕も嬉しいが、俺はしおらしい女より、スケベな女が好きだ。

合い鍵を返して欲しいと言うタイミングを、今さがしている。


今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















「何でもしますから捨てないでください」今どき古風な女