「好きだよ」の一言でまじめな主婦が不倫に落ちた

相手の性別年齢職業
女性38歳主婦
出会った場所利用サイト投稿日
山形 鶴岡市wakuwakumail2018.05.28

不倫する気はないがメル友を始めた主婦

時間のあるときにメールを交換できる相手がほしいというのが、その人妻がメル友を探した理由だった。相手は男性でも女性でもどっちでもいいという。たまたま出会ったのが俺という男性だっただけで、異性にこだわりがあったわけではないらしい。

それが嘘であることは見え見えだっが、それ以上は何も追及しなかった。そのうちボロが出るのが明らかだったからだ。

毎日同じ時間に他愛のないメールを交わす。彼女から来るのは平日の15時頃が多い。主婦が一番暇な時間、いわゆる昼下がり。

俺はその時間帯会社にいるので、リフレッシュコーナーに移動してコーヒータイムをとりながらメールを打つ。文章の量は日に日に増していくが、どうでもいいことばかり。それで楽しいのだろうかと思う。

―ここらでアッパーカットを打ってみるか―

「奥さんのこと、好きだよ……奥さんに会いたいな」

返事がぴたっと止まる。

これで終わったらそれまでの関係だったということだ。逆に乗ってくればこっちのもの。どっちに転んでもいい。


夫バレした人妻が夫にぶつけた言葉

「本気で書いたの? あの言葉…」

「もちろん……冗談であんなこと書けるわけないでしょう。僕は奥さんをからかったり、冷やかしたしない。僕は奥さんが好きだよ」

「ありがとう……ちょっとだけなら会ってもいいかな」

―来たぞ来たぞ……チェックメイトだ―

人妻はまじめそうだが、目線が一途な情熱的な女だった。彼女はちゃんと口でそのことを言ってほしいと言った。メールでなく、口で言ってほしいらしい。

「好きだよ」

「もう一回……」

「好きだよ、好きだよ」

「うふん」

嬉しそうだ、頬が上気し唇が光る。

それから彼女は俺のものになった。形振り構わず俺にぶつかってきた。ホテルでセックスするまでそう時間はかからなかった。

だが彼女は不倫になれておらず一途なだけの人妻。二ヶ月で夫バレすることになり、もう二度と会えないと伝えてきた。

「だいじょうぶ……あなたのことは漏らさないから……出会い系で知り合った行きずりの男ということにしておく」

「ありがとう……そうしてくれると助かる」

「あのね? うちの夫、めちゃくちゃ怒ったんだけど、私も言ってやったわ。私のことを『好きだよ』って言ってくれる人もいるのよって。貴方は一度も言ってくれたことがないよねって」

その電話を最後に彼女と正式に別れた。

「好きだよ」

この一言は女の生きざまを左右する重要な言葉なのだと知った。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















「好きだよ」の一言でまじめな主婦が不倫に落ちた