臭マンけっこう…だってそれがセックスの匂いなんだから

相手の性別年齢職業
女性19歳フリーター
出会った場所利用サイト投稿日
福島 福島市pcmax2018.06.04

臭マンにどん引きする男が信じられない

臭マンにどん引きする男がいるのが信じられない。

クンニを始めたが、アソコの臭いがキツいという理由でやめてしまう男がいるが、そんな男にクンニをする資格はない。性器は臭くて当たり前なのだ。特に女の性器は俗に「下り物」と呼ばれる分泌液が下りてくるし、すぐそばには尿口があって、そこからおしっこをする。不潔で当たり前、臭いがして当たり前なのだ。

男の場合も同じで、そもそもおしっこをする器官がセックスをする器官であり、おしっこをする穴から精子が出てくる。仮性包茎に至っては皮の下に滓がたまり、それが悪臭を発する。不潔で臭くて当たり前なのだ。

それらをまとめて性臭と呼ぶ。それこそ男女のセックスの臭いであり、その臭いの中でセックスが行われる。無臭の中で性器結合するなど夢物語だ。

だから俺は臭マンがウエルカム。臭ければ臭いほど俺はいま女性器とともにあると感じられるし、セックスの興奮を高めることができる。


臭ければ臭いほど興奮するセックス

俺のセフレは出会い系で知り合った19歳の女だが、過去の男性経験は4人だそうだ。17歳でロストバージンし、セックスに目覚めた。だが知り合った男はみな彼女の臭マンに引いてしまい、クンニをしてくれなくなったという。

あれは彼女との初セックスのとき。

「そう…アソコが臭うのか」

「別に病気持ちじゃないんだよ…体質なんだよね…たぶん」

全裸のままベッドの上でぺこんと女座りしてこっちを見ている。Bカップの乳はかたちが悪く、しょげたような乳首が互いを避けるように左右を見ている。俺は彼女を抱きしめ、そっと股を開いた。

毛が濃くて、陰唇の周りにも剛毛が生えている。いかにも女性器らしい顔をしていて、グロテスクだ。そっと鼻を近づけると、ぷうんと臭う。魚のような臭い。北欧のチーズのような臭い。

「俺はこの臭いが好きなんだけどな」

「本当? じゃあ、クンニしてくれるの?」

「もちろん」

俺はその臭マンを舐めた。愛液がにじむごとに性臭が濃味を帯び、鼻孔を刺激する。

(これがいい…これがいいんだ)

俺は女の臭いに包まれて勃起し、今度はその臭い太マラを彼女に銜えてもらった。

「臭いだろう」

「臭くないよ…男の人の臭いだもん」

「君は話がわかる」

彼女は目を閉じて美味そうに顔を動かした。

俺と彼女は本物のセックスをしている。

性臭が嫌いな人は、セックスをしてはいけない。


今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















臭マンけっこう…だってそれがセックスの匂いなんだから