松田聖子さんが大好きだという痴女に出会った

相手の性別年齢職業
女性30歳OL(情報処理)
出会った場所利用サイト投稿日
福島 福島市yyc2018.10.20

人前でキスを求めてきたり、股間を触ったりする痴女

清らかな感性と薄汚れた痴情を両方持っている女だった。しかしそれら相反する性質は奇妙にバランスしていて、彼女の個性を形作っていた。

30歳の独身女。職業はソフトウェア開発のプログラマ。出会い系サイトで見つけたときはそんな印象はなく、少々暗め女にしか見えなかったが、会ってみたら明るいキャラで、視線が淫らだった。

「ねえ~飲みに行こうよ」

「いきなり?」

「酒飲まないとエンジンかかんないでしょ」

カウンターで飲んだが、アルコールが回ってくると下ネタを平気で口にし、笑いで盛り上がるとボディタッチをしてくるようになった。そのボディタッチがとても常識では考えられない。キスしてきたり、股間をぎゅっと握ったりする。

「ちょっと…やめなよ」

「触るだけよ…減るもんじゃないでしょ」

まるで痴女だ。俺もボディタッチを許してくれて、太股を撫でたり、スカートの中に手を入れて柔らかい丘をにゅっと押したりした。すると彼女があの声を出すので周りを気にして中止。ここは居酒屋。ネカフェではない。


でも聖子さんの曲のように、どことなく愛らしさがある

「松田聖子さんの曲が好きなんだよね…とくに彼女が十代だった頃の歌が好き。胸にじんとくるのよ…」

「そんな趣味がある女には見えないけどな」

「見えなくてもいいよ…この心の中にいる私は、嘘偽りなく聖子さんの歌を愛しているんだから」

そんなとき、彼女の目から痴情が消え、甘い恋を夢見る少女のような顔になるのだった。そこにいるのは痴女ではない。さっきまで俺の股間を揉みながら「今度お互いのパンツ交換しようよ」とふざけていた女とは思えない。その急変に一瞬戸惑うも、股間へのタッチも危ない下ネタも、どこか愛嬌のあるお遊びに思えたりして、彼女を憎めなくなる。彼女の過去がどうだったのか知らないが、時系列でその30年を追いかけてみたい気もする。

そういうお遊びをする男女が何もせずに終わるわけがなく、初日の夜にラブホに入った。痴女っぽい過激なプレイをするかと思いきや、予想に反してノーマルなプレイで終わった。キスが好きな女で、ずっとキスばかりしていた。あれだけ触った股間には関心が内容にも見え、フェラをリクエストするタイミングを失ったくらいだ。

その夜一晩でお別れしたが、今でも松田聖子さんの可憐な曲を聞く度に、あの痴女が瞼に帰ってくる。


今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















松田聖子さんが大好きだという痴女に出会った