俺が不倫相手の人妻にしてやった壊滅的なプレイ

相手の性別年齢職業
女性36歳主婦
出会った場所利用サイト投稿日
福島 いわき市pcmax2019.05.11

不倫関係がマンネリ化してきた2年目

恋人同士や夫婦には、いわゆる「倦怠期」が訪れることがある。早ければ1年。平均的には2~3年でそれがやってくる。ずっとアツアツのカップルでいられることはなく、関係が長く続くほどマンネリ化してくる。互いの関係に慣れ、互いを知り尽くし、やることも一通りやって刺激がなくなるのがその要因だと思う。

これは何でもそうだ。車でも住宅でも、購入した当初は新鮮で刺激的で楽しいが、慣れてくると乗るだけ、住むだけの存在になってしまう。空気のように、なくては困るものではあるが、当たり前すぎて、平面的で面白味がない。

不倫関係でもマンネリは訪れる。

約2年前にPCMAXで30代の主婦と知り合って不倫関係になったのだが、最近セックスしていてもいまいち気持ちよくないし、積極的に会いたいとも思わなくなった。別れてもいいが、いい女なのでもったいない、といった感じだ。


新たらしい刺激がほしくて「夫バレの恐怖」を人妻にプレゼント

そこで俺はとんでもない手を打った。

それはすべてを破壊しかねない、壊滅的なことだったが、大いに刺激になり、2年前に出会った頃の刺激的な日々に戻ったような気がした。

何をやったかというと、彼女の夫に、妻の不倫をほのめかしたのだ。

B5の紙に「あなたの奥様はもしかしたら不倫しているかもしれません。男と一緒に歩いているのを見ました。見間違いかもしれませんが、念のため警告させて頂きます。奥様にご注意ください」とパソコンで打って印刷し、封筒に入れて匿名でご主人宛に郵便受けに投函したのだ。

確実に不倫していることを告げた訳ではない点がミソだ。もしかしたら不倫しているかもしれないよ~注意してね~くらいのノリなのだ。

夫は半信半疑でこう思うだろう。

「あいつが不倫なんて……でも怪しい感じもするなあ、ちょっと監視してみるか」

夫は妻に注目する。しっぽをつかんだわけではないので面と向かって攻撃はしないが、今まで以上に警戒を強める。

俺は「夫バレの恐怖」を彼女に与えたのだ。

その怪文書を投函した2日後、人妻からこんなメールが来た。

「もしかしたら、しばらく会えないかも」

(よし、かかったぞ……)

「それじゃ寂しい。明日、30分でいいから会いたい。キスだけでもしたい」

「わかった……なるべく早く行くわ。30分だけね」

あのころの不倫スリルが戻った。

今では少々マンネリが解消している。

本当に夫バレしたら、大変なことになるのだが、その危険水域ぎりぎりのところで楽しむのが、不倫の醍醐味なのだ。


今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















俺が不倫相手の人妻にしてやった壊滅的なプレイ