激しくしてあげて嫌がる女はいないことを知った日

相手の性別年齢職業
女性28歳団体職員
出会った場所利用サイト投稿日
宮城 白石市YYC2019.10.09

女は激しいセックスを生理的に嫌がるものと信じていた

官能小説やAVなどで、性的に盛り上がった女がそんなせりふを吐くことがある。たしかに聞いていて悪くないし、そそられる。女からそんなことを言われたらたまらないだろうな、とも思う。

だが、それは嘘っぱちだと考えている。即尺やごっくん、ぶっかけを好む女がほとんどいないのと同様に、「激しくして」なんて言う女も存在しない。女は激しいセックスを生理的に好まない。女の身体はデリケートだから、きっと優しくされたいと望んでいる。

だから俺は激しいセックスをしたことがない。過去出会い系で数人の女と知り合ってセックスしてきたが、優しく愛情たっぷりのソフトなセックスをするのが常だった。激しくしたら嫌がられるだろうし、狂った猿みたいに激しく腰を動かす様が滑稽、あるいは低俗に見えて笑われるのが落ちだろうと考えていた。

女の乳房も膣もデリケートにできている。

激しいセックスはよくない。

俺はそう信じていた。

ある女に出会うまでは。


激しくすればするほど声が大きくなっていく彼女

YYCで知り合ったその女はごく普通の女だった。綺麗と言えば綺麗だし地味と言えば地味。とくにスケベな印象はなく、普通のことを喋るし、普通に笑う。コミュニケーションも上手だし、短所は長所がないこと、長所は短所がないこと風な、ありふれた女だった。

過去に男性経験はあったようだが、それまで処女で、その男が転勤で東京に行ったのを機に別れてからはセカンドバージンになったとのことだった。そのことを告白させるのに、俺は一ヶ月をかけた。

その女と最初にセックスしたのは先週のことだった。そこで俺は女に対するものの見方を修正せざるを得なくなった。

正常位で挿入して優しくピストン運動していたら、彼女がいきなりこう言ったのである。

「ねえ、もっと激しくして」

「まじで」

「うん……激しくして……お願い」

俺は耳を疑った。俺を歓ばせようとしてサービスでそう言ったのかと思ったが、彼女は本気だった。ためしに激しくしてみたら、性的な興奮度が増し、声を高く上げたのだ。激しくすればするほど、彼女は燃え上がっていった。

―激しくして―

素人のごく普通の女がこんなことを言うとは信じられなかったが、これは事実だ。

普通の女である彼女がそうなのだから、ほかの大半の女もそうなのだろう。

激しくしてあげて嫌がる女はいない。

もしかして即尺やごっくん、ぶっかけも……。

今度リクエストしてみよう。


今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2500万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(800万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1500万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















激しくしてあげて嫌がる女はいないことを知った日