知的レベルが高い短歌の先生でも下半身はやっぱり

相手の性別年齢職業
女性42歳短歌の先生(既婚)
出会った場所利用サイト投稿日
岩手 盛岡市ワクワクメール2020.06.10

地域コミュニティで短歌を教えている先生が出会い系にいた

「さみだれの葉にも滴る水の花 けぶる歩道は傘の花々」

この歌を詠んだのは地域コミュニティで短歌のノウハウを教えている40代前半の既婚女性。他でもない、最近ワクワクメールで知り合った女性である。顔写真は横顔で、目がきりっとしていたので好感を持ち連絡したのだが、まさかそんなに知的レベルが高い女性だったとは思わなかった。

そもそも短歌を詠むような雅な婦人が出会い系になどいるとは思わないではないか。今まで何人かの人妻とこの世界で遊んできたが、みなセックスしたいだけのスケベの固まりで、いかにも出会い系の人妻だった。だから彼女の存在は、非常に違和感がある。

だからこそ、そそられる。

最初人妻は性に関して多くを語らず、慎ましかった。

直接聞くのでなく直観で理解して欲しいみたいな奥ゆかしさがあった。

だが酒を飲んでつっこみを入れると、五年にわたるセックスレスで欲求不満がつのり、それが創作にも影響しだしたという。

「優雅な歌を詠むには、ある程度満たされていないと……」

みたいにため息をつく。


下半身はただの女ぞ、いとをかし

ラブホに誘ったら、何も言わずうつむき加減でついてきた。

短歌の先生とはいえ、下半身はただの女だった。

マ×コは毛深く、すぐに濡れ、水滴が毛に付着し樹氷のように見える。悶えかたも知的女性のそれとは思えず、高い声を出して首を振り、腰をくねらせる。

「そうとう溜まってましたね、先生」

「言わないの」

セックスは二回連続でやった。白い肌とエッチな雰囲気に興奮し、久々の抜かずの二発だった。二回目でも陰茎はすぐに固くなり。先生もそこそこ満足したようである。

「濡れ羽色の陰毛に滴る愛液の花 入れたチ×コは傘の花」

短歌を馬鹿にしているわけではないが、汗で濡れた先生の女体を見て、そう詠んだ。

その先生は会う度にスケベになっていく。

これで本当に優雅な歌が詠めるのだろうか。

本当はセックスしたいだけなのではないか。

素朴な疑問を感じる。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2500万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(800万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1500万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















知的レベルが高い短歌の先生でも下半身はやっぱり