女子大生処女とのセックス奮闘記

相手の性別年齢職業
女性22歳女子大生
出会った場所利用サイト投稿日
秋田 能代市mintj2020.06.28

俺のちんこ見て「それ無理」と言われた

出会い系で遊んでいると、ときどき処女に出くわすことがある。20代前半の、あまり遊んでいなそうな女に出会うとその確率が高くなる。俺は過去、二人の処女と遊んだ。今日はその二人目の女の話をしたい。一人目もだいたい同じだったので、二人目の処女でまとめて話す。

処女であることは会ったときからわかっていた。

「彼氏作ったことないから」

このひとこと。

彼女はこのひとことを口にすることでバージンあることをカミングアウトした。

「僕が彼氏になってもいい? 君のこと大切にする」

99%処女の女にかけてあげなければならない言葉は。優しくしっとりした愛の言葉だ。露骨にエッチ目的を臭わせるような言葉を投げかけてはならない。

体の関係になったのは、出会ってから一ヶ月後のことだった。

神妙なそぶりでベッドインしたのを覚えている。公家の初夜のように。

俺はすかさず自慢のちんこを披露した。

すると彼女は開口一番、こう言ったのである。

「それ無理」


指で少しずつ慣らしていった処女まんこ

すでに勃起していた16センチ対空高射砲は、処女の女には確かに「無理」だったかもしれない。処女の穴には、指一本満足に入らないのである。16センチの太くて固い逸物が「無理じゃない」はずがない。

俺はそこでまた優しさを取り出した。

「最初からこれを入れる必要はないよ。これを見せたのは最終ゴールを確認してほしかったからさ。少しずつ慣れていこうね……」

俺は手マンで少しずつセックスに慣らすことを決めた。処女マンコは可憐で傷つきやすい。俺は指を入れて少しずつ「固くて太いもの」になじませた。指を一本から二本に、そして三本に増やし、彼女が「痛い」といったら止めた。それを繰り返した。

「まだ無理そうか」

「わかんない」

「やってみようか」

「うん」

そして対空高射砲を発射した。

相当痛がったが、なんとか竿の2/3ほど挿入し、そこで軽くピストンを繰り返して射精した。

処女相手の場合、最初のセックスはなるべく早く射精してあげることが慣用だ。どうせ気持ち良くなっていないのだし、早く苦痛から解放してあげることが必要。最初はちんこに「慣れる」のが目的なのだ。

あれから数回セックスしているが、彼女の処女マンコだいぶなじんできた。

これから本当のセックスが始まる。


今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2000万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(750万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1300万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















女子大生処女とのセックス奮闘記