俺が出会い系の女性にいきなり淫らなことをした理由

相手の性別年齢職業
女性28歳中学校教師(音楽)
出会った場所利用サイト投稿日
宮城 仙台市yyc2017.11.25

女の体に触りたくて触りたくてどうしようもない日々

俺は25歳。

自分で言うのも何だが、まだまだ若い。

だから女の体が欲しくてたまらないのも、自分で納得できる。

彼女いない歴2年9カ月で、ずっと女に飢えていた。女がすぐそばにいたらパブロフの犬のように反応し、電車の中では痴漢寸前でどうにか自分を抑える始末。まさに一触即マンの危険な状態だった。

これは本能に相違ない。いわゆる性欲で、種族保存の欲求ともいう。自分の遺伝子を持つ子孫を増やしたいという欲求。地球上に存在するすべての生物が持っている自然な欲求である。

とても淫らで暴力的になることもあり、人を傷つけることもある危ない欲求だが、その欲求のおかげで人類は繁栄してきた。

女が欲しい。

俺は女を求めて出会い系サイトに登録した。


「なんでそんなことするの?」に俺はこう答えた

出会い系サイトで女を見つけたのは2か月前。相手は3年年上のエロ女教師だった。

恋人というよりもセフレに近く、会うたびに淫らなことをして遊んでいる。彼女の私生活は総じて淫乱で、学校の音楽室でオナニーしたこともあったらしい。教頭とも一度だけ不倫をしたとのこと。

しかしそのエロい彼女も、最初は俺の身勝手な淫行に戸惑っていた。

デート初日、道を並んで歩いていたときにムラムラし、建物の死角に引きずりこんでキスしておっぱいを揉んだのだ。

「なんでそんなことするの・・・」

俺はとっさにこう答えた。

「種族保存の欲求を抑えきれなくて・・・」

「種族? 保存?」

「学校の先生なら知っているでしょう・・・人間は自分の遺伝子を後世に伝えたいという欲求があるのです。僕が貴女の体を求めたのは、子孫を増やしたいからです」

彼女は首をかしげたがとくに反論することもなかったので、納得してくれたのだと思った。

彼女が大胆になったのはその次のデートからだ。

彼女自身も種族保存の欲求を発揮しだした。

彼女とのセックスは毎回コンドーム付きだが、一度でいいから中出ししてみたいと思う。

中出ししたいという欲求こそが種族保存の欲求に他ならない。

コンドームを付けている限り、子孫は増えない。


今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2000万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(750万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1300万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















俺が出会い系の女性にいきなり淫らなことをした理由